Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日高界隈渓流
土曜日は日高方面渓流に行ってきました。
相変わらず良い渓相でしたね。
06_8_26_1

狙いは45cmUPのイワナと元気なニジマス。
果たしてそんなサイズが出るのか!?
06_8_26_2


06_8_26_3

トップでの反応が素晴らしく良かった。
セミでもバッタでも、もうバコバコヒット♪
数え切れません^^
乞うご期待!!
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ハゼ釣り大会
8/27フィッシングPAPAさん主催のハゼ釣り大会に行ってきた。
当日はピーカンの良い天気。しかも無風に近い。
こんがりと焼けました。

06_8_27_1

ロッドはなんとエクスプレションを使用。
どうかとは思ったがこれがすんごい面白い!
6~7cmの小さなハゼのアタリも
「プルルルン!!」とグリップにガンガン伝わる。いや~まじでビックリした!

06_8_27_2

自分らの入ったポイントは大会本部の近く。
一般の釣り人や大会参加者(134名)も非常に多く、釣り座を選べない状態。

06_8_27_3

am11:00検量。お子様からご年配の方まで全員が楽しめるって素晴らしいですね。ちなみに優勝者は56匹だったかな?
仲間内は十匹台で全然ダメでした。僕とノゾミは14匹ずつで53位と54位。

06_8_27_6

そして大会後はお楽しみのハゼ丼だ!
小食の自分も毎年おかわりしてしまうほど美味い!
今年も最高に楽しい大会でした♪
スタッフの皆様おつかれさまでした。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

16日深夜札幌到着
道東遠征から帰ってまいりました。

軽くまとめると
13日忠類川・・・魚いない
太平洋側海岸・・・カラフト発見。6人で3ヒット1キャッチ
太平洋側漁港・・・カジカはプチ爆裂。日中にソイのグッドサイズや、見たことのない模様のアブラコ(後日レポートで)

14日ウトロ・・・カラフトの回遊確認できず
太平洋側海岸・・・カラフトの回遊確認できず
太平洋側漁港・・・またカジカに癒してもらう
午後帯広方面へ移動

15日渓流。本流に入るが朝一からアクシデント発生!
ノゾミに32cmくらいのニジマスがヒットするが撮影中にフックがノゾミの指の中へグッサリ!!その場でオペを試みるがあまりの激痛でオペ中断し病院へ。
午後支流を上がるがたいした釣果なし

16日ゆったりとキャンプ場を出発して野人を送りに女満別空港へ。
午後、帰路途中の川へ入りニジマス、イワナ、オショロコマと遊ぶ

とまあこんな感じでしょうか。
例年お盆1週間前はあまりカラフト釣果が少なくても、お盆には網がとれてボチボチ釣れる、という感じでしたが、今年は本当に魚が少なかったです。

エサ釣りの人が1~2本は釣ったとは聞きましたがルアーマンは全滅といっても良いくらい竿を曲げている人は見れなかった。
今年はタイミングが合ってなかったですね。残念。
それでも今年はアタリ年なのでこれから帳尻合わすように後半バンバン釣れるんでしょうね。

今年はもう1回知床に行かなくては!
そういえば今年の忠類はまだサクラが登っているらしく、上流で密漁していた人たちがお縄にかけられたとか。
ま、僕らが行ったときはサクラもいませんでしたけど

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

タイトルなし
今日の忠類は……魚いなかった〓早めに切り上げ近くの海へ。ときどきカラフトの回遊があり、午後2時くらいまでで3ヒット1キャッチ。今はウトロ方面へ移動中。
知床遠征
いよいよ今晩、待ちに待った忠類川や知床、道東河川の旅に出発だ。
相変わらず知床界隈の良いニュースは聞けなかったが、どうなることか

忠類川にはまだサクラマスが遡上しているようだ。
カラフトはイマイチ状態とのこと。
例年通り、海でキャッチできれば良いが今年はどんなもんかな

後半は行ってみたかった、道東河川探索。
狙いはニジマス。
今年はたいしてニジマスを釣ってないので満喫したいところ

また今年も面白いことや、カラフト速報なんかをモブログでお伝えできれば良いなと思ってます。
さぁ、間もなく6時間のロングドライブに出発だ。
そんな日に限ってえらく早起きしちゃって、しかも昼寝もできてない。

しんどそうだ~~

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

昨日発売のノースアングラーズ9月号
north

前半のカラーページ「イワナ特集」のなかで、僕の「渓流ベイト」が紹介されています。
チェックしてみて下さいね♪

意識的な楽しみ方やタックルの解説ではライン、ミノーなどはどんなのが良いのかをサラリとですが書きました。
そして取材釣行レポート。
面白そうだな、やってみたいな、なんて思ってもらえたら嬉しいですね。

他にも
SALMON ITEM20
ショアブリへの道
バークレイロックフィッシュオープン2006のレポート
太平洋の磯ロック
SHOREヒラメ
など載ってます

イワナ特集の道南のニッコウイワナはそそりました。
オショロコマのような、赤い着色斑点をもつイワナがいる。
これはもう遠征をかけるしかないでしょう!
非常に楽しみ♪

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

トランシーバー
そういや、今年の冬に腕時計型トランシーバーを購入したんだけど、まだ1回も使ってないな。
06_8_4

用途的には主にフローターで浮いてるときに使おうかなと思って買ったんだけど今年はまだ浮けていない。
またシケイダを持って、トップウォーターの釣りをしたいもんです。

湖でもやはり狙いはピンポイント。
ボサや倒木のキワに撃ってジリジリと動かすとガポン!
終始見えるってのが楽しい♪
06_8_4_2

こういうポイントなら太めの幹の上に着水すれば、どこでもバイトがでる可能性もある。

ちなみにこのトランシーバー、湖のように開けているところなら1.5kmカバーできるらしい。家の中で試してみたら意外と良く聞き取れるし、こりゃ使えるな♪ってのが印象。

防水の携帯があれば良いかもしれないが、圏外の可能性が高いし、やっぱトランシーバーの方が実用性ありそうかな。
車2台で遠征行ったときのヤリトリなどにも使えるしね。
仲間と沖堤防での使用もアリだね。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

お盆休み
そろそろお盆休み。
皆さんもいろんな計画を立てていることでしょう。
ウチらは恒例の知床へ今年も行くことになっている。

ターゲットは、海&川のカラフトマス、ロックフィッシュ、ニジマス。
海のカラフトは食用として。川のカラフトはファイトを楽しむためだ。
06_8_2_1

このような広瀬を一気に突っ走られる。あまりの速さにアングラーは奇声すら上げてしまうほどだ。
そんな忠類川のカラフトだが、今年も8/1から釣獲調査が開始している。
サイトで速報をチェックしてみると、8/2の釣果は33名で6匹。
遡上はまだまだとのこと。

忠類沿岸部の定置網にもまだたいして入っていないらしい。
中旬の頃には遡ってほしいもんだ。
ここ2年ほどフレッシュランに当たってないからな。

そういえば去年、海でカラフト狙っていたら、ずいぶん前に良く見ていた魚が2匹回遊していた。
それはなんとシイラだった。写真は95年頃の駿河湾でのシイラ。
06_8_2_2

目測で7~80cm程だったと思う。
届く距離でバッチリ目の前を通せたが無視されてしまった。
今年も見れることができるかな

今年は13~16日の4日間。どんなドラマやハプニングが待っているかな?なんにしてもキャンプしながらの遠征は旅してる感があって面白いね。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。