Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苫小牧流し
日曜日にRF-S内でのトーナメントで苫小牧流しに。
例年この時期の大爆釣は体験しておかないと海アメにシフトできないのだ。
過去のレポートを見ていただければ分かるが、型サイズともにハンパじゃなく良い釣りができる!!
・・・はずであった。。
どーゆうこと?

07_11_25_0
大会委員長よりレギュレーションの発表
キーパーは40cm、2本の総全長

07_11_25_2
出航前から、うねりがでてきて到着までに酔ってしまう人がでたほど。
そして例年のパラダイスポイントに到着するが、船もすぐに流されてしまうほどの波
足をしっかり固定してキャスト開始するがアタリが全くない・・。
アブラコは波が強すぎて沈みテトラの表面には定位しずらいみたい
おそらく裏面かやや沖の根に避難しているようだった。
と思いたいくらいバイトがでない。

それほど水深のあるポイントではないが1ozでは底が取れないほど流されるので、クラッチを切りっぱなしの親指ドラグのみで根に沿って漂わせるイメージでワームを操作していると
07_11_25_3
ようやくアブラコヒット。46.5cm。
とにかく魚が少ない。
なんとこの本命ポイントでは船内2本という激シブ。
アタリも通常のカン!というアタリからはほど遠い「・・ハム・・」程度だから参る。ちょっとでもラインがふけていたら絶対バイトは感じ取れないアタリだ。
ストレスが溜まります・・・。
魚は居ないし、これ以上は危険という判断で港内へと移動。

その後も風、波ともに強まり流せるポイントが限られる状態。
風裏が少ない。
唯一打てるポイントではその日出港していた流しの船が集中していた。

そこは好きなテトラのピン撃ちができるポイントだったのが救い。
1ozに4インチパワーホッグをブチ込んでいるとゴツッとバイト。
ようやく良いサイズの首振りを味わえた♪
しかもグッドサイズ
07_11_25_1
56cmでした。長い!

その後暗くなってソイの入れ食いを味わい(20~33cm)沖目の回遊しているであろうランカーソイを狙ったが不発。

そして表彰式。
56cmのアブラコがあったので優勝できました。
07_11_25_4
ブービー賞のヒロスケには、かなり謎めいてる「カレーラムネ」が幹事から進呈^^
あまりに変な組み合わせなので皆で匂いを嗅ぐとほんとにカレーの匂いが(笑)
美味しい?バツゲームだったね^^
幹事さん皆様、お疲れ様でした

さぁて!これからは海アメ&ボードだ!
いや、その前にアブラコの爆釣をしたいけどやるタイミングは・・あるかな??日程的に難しそう・・・。
スポンサーサイト
今シーズン初島牧
明日、今シーズン初の海アメに行こうと思っていたら・・・。
07_11_22
だ~~~!!!
だめだこりゃ!
ちなみにオレンジ色は風速15~20m黄色で10~15m
台風並みです・・・。

今日も現地は吹雪で視界が30mだったとか。
そんな中、様子を見に行くという方がいました。
無事帰ってきてください・・・。
親子チャーハン
鮭チャーハンだけでも美味いんだけど、イクラをまぶして親子チャーハンにしてみました。
それと鮭のアラ汁。
2日目のアラ汁は良いダシがでていて最高です。
07_11_ikura
あまりにもイクラチャーハンが美味いので、作ってすでに5日目の頃合の良い筋子を大量に乗せて・・・もうゲフ~ッ

札幌は今日から雪が降ってるから、もうジョギングはできないし・・・。
ジムにでも行かなきゃな~~

いや、違った。。やることあったわ
雪が積もったら近所の丘などを利用してスノーボードのトリック練習をしようと思ってたんでした
飛んで滑ったら歩いて元の位置に。の繰り返しは相当しんどい。
これで冬場の脂肪の蓄積も解消だし、体力もつくし一石二鳥でしょう!
続くだろうか・・・?

今年はラニーニャ現象で大雪?らしいですが一般の方は雪かきの苦労を考えるとまいっちゃうと思いますが、ウィンタースポーツやる方は大喜びの冬になりそうですね
かく言う自分も先シーズンからボードを復活させたので待ち遠しいです。

どなたかグラトリ上手い人、僕に教えませんか(笑)
オリジナルジグヘッド
友人からオリジナルジグヘッド&メタルジグを頂いた。
その友人=D´s Factory(仮)とでも書いておきましょう
ウェイトも3gくらいから1オンスまでフルバリエーション。
忙しい中、細かい仕事をたいしたもんです^^
07_11_18_1
よくできてるでしょ
友人「アレ?気がつかないかな~?」
「ん?何が?・・・あ!?目が(笑)」

07_11_18_2
なんとFishmanマークではありませんか!!
これにはビックリでした^^
「コレ作るのにすごく時間掛かったんだから!」
最高のサプライズでした。ありがとう!!
これから時期、海アメ海サクラに使わせてもらいますね

そしてこれがジグヘッド
07_11_18_3
これも良さげでしょう?
このジグヘッドは実用化してから数年経っており、かなりの実績があります。
なんと59cmのクロソイもこのジグヘッドで・・!!

量産&販売は考えてないようですが、少量ならば応じるかもしれませんよ♪
小樽マメイカ
先日小樽へマメイカ釣りに行ってみました。
現場でシェフさんと落ち合うが風が強い。場所によってはウサギが立っているほど。
今日はダメかな?
と思っていたが別の場所で釣れている情報を得て、ポイントへ向かうとそこは風の影響もなく釣りが出来そうだった。

ひさしぶりのイカ釣り。・・2年ぶりかな。
今日はあの引きを堪能できるかな?
おっと、となりにいらっしゃるのは2年前にとある港でヤリイカ爆釣情報をくれたアワノさんでした。
3人でマメイカ釣りスタート。

中間は思いっきり端折って(笑)

終わってみればこの釣果
11_mame1
実釣3時間半くらいで一人で35ハイ^^
いや~釣れるわ♪

このあとがしんどい・・・。
夜中に帰って捌かなきゃいかん。新鮮なイカ丼のために頑張りました
11_mame2
美味い!美味すぎる!!

2日で食いきってしまったのでまた行かないと!!

これだから北海道の秋~冬は太ってしまうのです。。。。
イクラ・筋子作り
鮭を捌いて、イクラ・筋子作りに挑戦です。
まずは手慣れたイクラを。
だし汁を作りほぐしたイクラを入れて冷蔵庫で1日寝かせて完成。
とても簡単。
しかしすごい量・・・。
11_14ikura

そして筋子作り。
まずは塩分濃度の高い水を作り、15分ほど浸してから、よ~く水分を取って冷蔵庫で4~5日寝かせば完成らしい。
簡単じゃん♪

やってみましょう。
しかしこれがなかなか難しい。。。600gの塩がまったく水に溶けないのだ。
生クリームを全開で泡立てるように水の中の塩をがっちゃがっちゃとかき回して大汗をかきまくったが溶けない。。
やや水を足してなんとか良いあんばいかなってところで手を打ち、浸す。

水から出して水分をとってタッパにしまうが、筋子ペーパー筋子ペーパーと4つの層になった。これもすごい量だ
11_14sujiko

あとは良くできていることを祈りましょう。
いや、上から重しを乗せるとペーパーがすぐに水分を吸うので、こまめにペーパーを交換するという作業があります。

さらにオスの白子は塩を振って冷蔵庫で乾燥させました。
11_14sirako
これを焼いて食うと美味いらしい♪

ヤバイ、足痛くなってしまいそうです。
(意味が分からない人は大人に聞いてみましょう^^)

そうして翌日。
11_14ikuradon
まずはイクラ丼だ。
もちろんご飯は見えないくらいイクラをまぶします
わさびではなく、山わさびを落とす。
うん、イイ出来♪
噴火湾 鮭釣り
13日、マイロッホ主催のサーモンダービーに行ってきました。
北海道に住んで7年目だが、未だにこの船でのサケ釣りはしたことがなかったので楽しみ。

朝一、10名を乗せた船が沖へ向かう。
タックルは9.6f~13fの硬めのロッドにスプーン45g+タコベイト。
釣り方は船で沖を流して鮭の“跳ね”を見つけることから始まる。
船長はじめ乗船アングラー全員で海面を凝視。
すると1匹が跳ねた。

11_13sake1
そして跳ねたサケの進行方向にキャストし0~10のカウントダウン後、ゆっくりめのリトリーブ。
朝のウチはレンジが合っていないのか、自分にヒットはなかなか来ない。
しかし隣の方はヒット連発!
これは変だと、ヒットルアーとウェイトを聞くと45gのメタルジグ。
自分は35gのスプーン。あきらかにレンジが違う

ヒットルアーの予備が沢山あるようなので1個お借りして、釣りを再開するとなんと
すぐにヒット!
そこからは怒濤のヒット!・・・・というほどでもなかったが、ぼちぼち魚は揃えられた。
結局終わってみれば5本キャッチの1バラシ。
メスが2本♪最大がメスで79cmでした。

全体では船中75本。この数はかなり良いらしいです。
2ケタUPの方もいました。

11_13sake3

11_13sake4

帰ってから楽しみだ♪
今年は今までやったことのなかった、筋子作りに挑戦する予定。
うまくできるかな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。