Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回北海道ロックフィッシュトーナメント
10月7日、第4回北海道ロックフィッシュトーナメント前夜祭を開催。
台風並みの低気圧接近のため、大会は中止となってしまったが、前夜祭は例年通り盛大に始まった。
zenya2

今年のゲストは村越さん。個人的にも「ザ・フィッシング」を初期の頃から見ているので、ご挨拶したとき緊張しました。
でも僕への第一声は
「あれ?田辺さん?!」ときたもんだ(笑)
zenya3

アングラー間の交流も進み、宴もたけなわの頃、ブースを設置しているメーカーによるデモンストレーションタイム。
今年は、ダイワ精工、ピュアフィッシングジャパン、マルキュー、アングラーズリパブリック、ヘリーハンセン、の5社とショップからはインパクトの計6社。

僕は今年もアンリパブースでエクスプレションやアパレル類の説明をしました。特に今回は、冬に発売されたボートエギング用のベイトモデル2本、603Eと604Eの紹介。既存のベイトモデルは665が一番ライトなモデルだったが(3ケタの末尾がバットパワー)そこに3番4番パワーがラインナップ。ボートゲームでのアンダーキャストにも最適だ。
zenya4

zenya1

何故かすでにふくれているインフレータブル。
膨らますまでの感動のストーリーを用意していたのだが、あーもすーもなく開始早々に膨らまされてしまったー!

zenya5

最後はビンゴ大会。
今年も超豪華賞品が並びました。ロッドにリールにバッグなどなど。
RFTは協賛品の凄さでも有名なのです。

開催の決定は明朝へと送り協議の結果、やむ終えず中止となったが、この天候にもかかわらず沢山の選手が来てくれました。
急遽、大会用の商品の抽選会のみを行い、日の出前の雨の中、とても盛り上がりました。
そして最後に記念撮影。
06_10_taikai1

皆様、おつかれさまでした!
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/106-4e8dd4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。