Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニジマス&キノコ
週末は太平洋側のリウさん宅で酒盛り^^
奥様の料理が旨いのなんのって♪
翌日天気が良かったら川に行こうと目論んでいた。
が、いいだけ飲んで思い切り二日酔い。。。

土曜日は大雨が降っていたが、この川は大丈夫なんだね~
07_10_21_1
紅葉がキレイでたまりません。
数日前には雪虫がどっさり飛んでたっけ
この雪虫が飛ぶともうすぐ雪が降るなんて言われているみたいだけど・・。

雪虫とはなんだ?ちょいとググッてみると・・。
アブラムシの仲間のようだ。タマワタムシ科に属するアブラムシはすべて「ユキムシ」と呼ばれているとのこと。

さらに
「秋になって越冬する前などに羽を持つ成虫が生まれ、交尾をして越冬の為の卵を産む。この時の羽を持つ成虫が、白いふわふわを身にまとって飛ぶ姿が雪を思わせるのである。アブラムシの飛ぶ力は弱く、風になびいて流れるので、なおさらに雪を思わせる。
北海道では初雪の降る少し前に出現したりする(と感じられることが多い)ことから、冬の訪れを告げる風物詩ともなっている。」
ふ~ん、なるほど!勉強になったね

おっと、釣りの話しを続けましょう。
当日は昨日の雨と強風の影響で落ち葉が多く、魚の活性が低いようで渋かった。
07_10_21_2
ミノーをやたらと良く見てUターンされていたが、イレギュラーな動きでなんとかヒット

それと、釣りの最中とにかく気になっていたのがコレ
07_10_21_3
やたらと美味そうだけど食えるんだろうか???
表面もヌルヌルでナメコに似てるんだけどな・・・。
どうなんでしょ??
もし食えるキノコだったらもったいないので、キノコ狩りをすることにしたのだ。

こうなると水辺よりも朽ち果てた木の方が気になってしょうがない(笑)
目線は常に陸なのだ
その甲斐あって、帰る頃には小さめのビニール一杯獲れて、初めてのキノコ狩りにもうホクホク♪

偶然帰りに寄ったお店で、獲れたてのナメコが売っていた!
だぁーーー!!全然違う!?
悲しいけど、バカ笑いしたり泡吹いたりしたら嫌なので、しぶしぶ捨てることに・・・。

ま、でもキノコ狩りの雰囲気が味わえたから良しとすっか!


その後、当日の同行者からメールが。
「アレ、食えたみたいですよ!もったいなかったですね・・。」
なにっ!!!
エノキタケ シメジ科
[発生場所] 広葉樹の枯木、枯枝、倒木、切り株など。
[発生時期] 5月~6月、10月~11月
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
食えるんだねぇ・・・天然エノキらしいですよ。売っているのとはえらい違いだ。

ユキムシはねぇ、アレが出ると1・2週間でたいてい雪が降るのです。 
2007/10/25(木) 23:15:00 | URL | りう #dJntzMa.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/159-7feeaf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。