Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秘境ツア-タイ編①

さて、秘境ツア-実釣編です

広大なリザーバーは至る所、ポイントに見えるが全部撃つことはできないので絞り込まなくてはならない。

ポイントは大きく分けて5つ
・ウィードなどのカバー
・レイダウン
・ティンバー
・ブレイク
・アシ

10_1_15_6
カバーエリア

10_1_15_5
レイダウンエリア


ルアーは、カバー・レイダウン・アシ際用にバズベイトとポッパー
ティンバー・ブレイク用にミノー
を最初にセッティングした



ロッドはパームスのロックフィッシュ用ロッド、エクスプレション

10_1_15_7
706
766
767
の3本で望む
(3桁末尾がバットパワー)
ロックフィッシュ用ロッドでどこまで戦えるかも楽しみだった


リールはバズ、トップいずれもハイギアでないと使い物にならなかった。

巻きスピードが遅いと食わないようだ。
10_1_15_3
ピン撃ち後、自分の巻ける最速のスピードで巻きまくる。これを速いテンポで広大なフィールドに挑む。

ハンドルを握っている箇所にはマメができ、固くなったほど。

超男っぽい釣り




ラインはバークレーのPEライン
10_1_15_8
FireLine EXT3号
リーダーは60・80LB
この太さはヒット後、根やティンバーに巻かれてもブレイクしないように必要のようだ。


EXT3号での飛距離、強さともにOK!
次回もこれで行きます!


バズベイトの釣りは10年以上していないので、心配だったが2日目にようやくキャッチした

10_1_15_4
バズベイトでヒットした2kgくらいのトーマン
綺麗な紫色が素敵♪


このクラスならまだまだエクスプレッションは余裕です。サクっとボガ入れ。

さらに14gバズのキャストフィールも良く、時に40gのポッパーもストレスなく投げられた。

っていうか普通に使えました★

後半戦は、同じタックルで10kgクラスのバラマンディにも挑みました。



1日中キャストを数日、連続だったので非力な自分にはロッドの軽さも有り難かったな


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/569-94382f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。