Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンスターソイ狙い2


続きです



道中高速走行中ピーカンの日差しに、先週の釣果話で車内では半ゾーもハイテンションw

現場に到着し、タックルを準備し始めたころから霧が出始めた。あんなに暖かかった外気もみるみる温度が下がっていき、しまいにはインナーダウンを入れるほど寒くなってきた。

しかし霧がでているくらいなので風はない。到着した堤防で前回良かった場所を皆に伝え釣り開始。



今回もエクスプレション766にラインはトライリーンMAX14lb

霧で太陽の位置はよく分からないがまだまだ明るいから、1ozシンカーでボトムから中層を狙ってみる。

ワームはぼんやりした天気でもはっきり見せようと黒パルス



チョイ投げでケーソンの段差を舐めるイメージでワームを操作する

クイッと小さなバイト

その後重量級の引きに変わる。この瞬間が面白い


浮いた魚のサイズに一同唖然・・・。

10_6_7_5

またこのサイズ!

そしてまたしても57cm・・・。

ウェイトは少しUPして3.32kg



今日もやばいね!

同行のメンバーも一気にテンションが上がります



10_6_7_6

中層から表層リトリーブするとホッケがうるさい




10_6_7_7

グッドサイズのシマゾイも



10_6_7_8

シェフのクロソイは45cm




10_6_7_9


半ゾーはシマゾイ43cm



そしてたっぷりパワーを溜めて大遠投。

50m以上沖でややフォール。そしてクリクリとリトリーブホッケがつまんでいる感触が伝わるので、ちょっとフォールさせ違うレンジを巻いていると、ゴンっ


また重量級の引きだ

766が良い曲がりをしている。今度こそロクマルか!?

掛けたところが遠いのでなかなか寄らない時間が面白すぎでしょうw



見えた

さっきのより太く見えるがどうかな?とネットイン

あざーすっ



10_6_7_10


yes!
10_6_7_11

こんなことありえるのか!?

また57cm・・・。

ウェイトは3.27kg




そして日没を迎えモンスターラッシュタイムだ!!






と思ったら・・・・




全然アタらない



霧はさらに濃くなり、ほとんど漆黒の闇状態。堤防と海の境目もライトを付けなきゃ見えないほど。

そのせいか魚も中層、ボトムでもほとんどバイトがなくなった。

お月さんは大事です。

明るい時間に釣れて良かった♪







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/651-74c0905e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。