Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バークレイロックフィッシュオープン2006
7/16苫小牧にてバークレーのボートゲームトーナメント「バークレイロックフィッシュオープン2006」が開催された。
船は10艘で定員60名。

曇っていたが雨の心配もなく、波も高くなくて釣りやすい日和。
ポイントは各船ローテーションでポイントを回る。
船内のポジションもローテーション。
良いポイントでミヨシに立てるかどうかは運次第。運も実力のうち。

各ポイントで3つほどのパターンを早いテンポで探った。
ボトムをとってドラッギングで釣るのが手っ取り早いが、そのポイントで一番やる気のある魚のパターンを知りたかった。

だからキャストしてから巻き上げるまでが周りと比べても異常に早い。
その甲斐あってか数はかなり出た。軽く20本以上は釣れた。
苫小牧だけあってアベレージは良いが50を超えるのはなかなか難しい。

中盤になり50UPを2本に47cm1本持ってはいたが、なんと同船には57cmのアブ含め高いスコアを出していたアングラーがいたので、自分の数字ではまったくどうしようもない。

さらに入れ替えを望むべく、魚を追加するがサイズが上がらない。
終了10分前、待望の重めの魚がきたが、48cmちょい。とりあえず入れ替え成功。この魚が良かった。サイズは5mmほどしか伸びてないが、入賞はミリ単位の大混戦だったようだ。

結果、8位入賞。お立ち台まで2~3cm差といったところ。
同船の方は僕と1cm弱しか違わないが11位といった感じ。
スコアは別にしても、船内は笑顔が耐えない非常に楽しい釣りだった。

関係者の皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/83-62ba44e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。