Fishman  -北海道渓流トラウトベイト道-
渓流専用ベイトロッド・ビームス。 北海道の川トラウト・海アメマス・海サクラマス・朱鞠内湖イトウ・ロックフィッシュ釣り記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石狩湾シイラ
石狩湾でもシイラ目撃情報が多いようなので、なかがわさん、ゴマ、ヤッチ、自分とでリサーチに行ってきた。
06_9_2

出船は午後3時。入れ違いに港に帰ってきた船の方は、なんとシイラゲットとのことだ!70cmと小ぶりだが確かにいる!
船内はすでに「もらったも同然」状態で前祝の乾杯だ(笑)

30分ほど走り実績のポイントに着き、若干ノットを落としてもらいまずは群れを探す。
周りには鳥もいなく、潮目もない。
そして漂流物すらない。
僕はミヨシに陣取り、回遊している魚を探す。

そして数十分後……ヒュン!とミヨシを横切る黄色いヤツ!
「居たぞ!!シイラだ!!!」
群れの進行方向に船をターンしてもらい、皆で撃ちまくった。
すると僕のミノーにガツンッ!!とヒットした!
よっしゃ!久しぶりのシイラだ、ファイトを楽しもうではないか!
と、グリップを腕に絡ませてファイト開始だ!
と思った瞬間…フッ
と軽くなりブレイク……

ダーーッ!なにやってんだ!チクチョー!!
しかしまだ群れは船の周りを泳いでいるので、ミノーを進行方向のさらに向こうへキャスト。そしてガンガンガンとトゥイッチしまくりだ!
は!?ミノーが戻ってきた!??
あれれ???とすぐにキャストを繰り返すが、まったく反応しないではないか????

スレているとは考えにくいし。。とにかく魚との距離が近すぎて向こうからも丸見えだ。
関東でシイラ釣りしていたときも良くあったことだ。
とくに8月中旬の相模湾はスレまくっていた。

しかし走っていれば潮目やトリヤマ漂流物が発見できたから、ロングキャストでアプローチして食わすことができたが、今回はお手上げの完敗でした。。

結局4人でノーフィッシュ。
しかし群れは小さいながら3回確認できた。(本州で経験のある人には物足りない群れの数だったが…)

魚は居る。あとは潮と凪。このタイミングが合えばキャッチできるだろう。しかもウチから十数分の港からの出港で、シイラが釣れるかもしれないのはタマラない^^
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fishmanrod.blog22.fc2.com/tb.php/95-ef904297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。